Clicky

聖書的考古学

聖書的考古学

 - 聖書の都市
クスコ゚ーフテヨ: 考古学 >> 聖書的考古学

聖書的考古学:アブラハム時代の都市
聖書的考古学はアブラハムと族長たちが住んでいた初期の都市から始まっています。アブラハムと彼の先祖が住んでいた都市ウルは南メソポタミアに位置する巨大な都市として旧約聖書で4回言及されています。現在のイラクに位置するウルは1800年代から度々発掘が繰り返されています。発掘の結果アブラハムの時代のウルは異教徒文化が繁栄していた事が分かりました。創世記11:31によると、アブラハムと父テラは家族と一緒にウルの北方現在のトルコにある古代都市ハランに移動しています。興味深いことにトルコとその近辺には今でもアブラハムの祖父と曽祖父の名前、ナホルとセルグと呼ばれる町が存在していることです(創世記11:22)。

聖書の考古学:古代帝国の都市
聖書的考古学には古代帝国の主要都市も含まれています。旧約聖書に目を通すと、ヒッタイ文明が現在のトルコ、シリア、そしてレバノンを支配していたことが分かります、しかし聖書以外ではこの文明と民族についての知識はありませんでした。約100年前、トルコのアンカラ市で非常に豪華であったと分かるヒッタイ帝国の首都ボアーザキー(Boghazkoy)が発見されました。それまで多くの人々や発掘調査団が“架空”の文明であると思い込んでいた歴史と、言語と、文明に関して多くの証拠が発掘され、ヒッタイ文明は歴史上事実であることが明らかになりました。三千エーカーに及ぶバビロニア帝国の古代都市バビロンは、現在のイラクの首都バグダットから約55マイル南に位置していました。しかし有名なジグラドの塔(バベルの塔)と、ネブカデネザル王の居城と、80マイルに及ぶ分厚い壁(一人乗りの戦車を4台連ねた厚さ)は現在廃墟と化しています。聖書は、ネブカデナザル王は紀元前586年にエルサレムを崩壊してた後ユダヤ民族を70年間捕囚とした、と言っています。ペリシテ人(古代パレスチナ南岸に住んでいた)は、“海の民族”として良く知られ、初期カナンとカナン人を支配する目的から常にイスラエルに対して好戦的でした。200回以上聖書で言及されている、ペリシテ人の要塞(地中海)のアシュカロン港は現在の北ガザ地域で発見されています。エレミヤと他の預言者の預言通り、ネブカデネザル王は紀元前604年にアシュカロン港の要塞を崩壊しました。

聖書の考古学: 古代イスラエルの都市
聖書的考古学は古代イスラエルの最も重要な都市について言及しています。50回以上言及されているエリコは、イスラエル民族を約束の地へと導く途中の最初の侵入拠点でした(ヨシュア6章)。考古学者は、堀を巡らした武装都市エリコはカナンの東に位置していたと確認しています。旧約聖書全体を通してシュケムは重要な都市でした。紀元前10世紀、ヤロブァムはシュケムを北イスラエル王国の首都に制定しました(T列王記2:25)。巨大な壁とアビメレクについての話(士師記9:46)の中に出てくるバアルが祭られた武装寺院の門と重要な証拠となるものも発見されています。北方では紀元前1150年後にイスラエルによって崩壊されたカナン人の要塞都市ダンも発掘されています(厳密にいうとダン族に与えられた土地)士師記18章。聖書で説明しているように再建されたその都市は貴重な芸術を生み出した北イスラエルの首都でした。ソロモン王の治世にはベールシェバが南イスラエルの武装された首都(T列王記4:25)とされ、1969年と76年の二度にわたる発掘から聖書に記されている通りの巨大な塀と門、倉庫が掘り出されています。ダビデ王の始めの治世、古代都市エルサレムは一般には聖書だけの話として知られていました。しかし1978年から1985年の発掘で、有名なシロアムの池とダビデの居城とその塔が発見されたのです(2サムエル、1歴代誌)。また崩壊した古代都市ギベアは、エルサレムから約3マイル北で発見されています。ギベアはベニヤミン族とサウロ王の首都として知られ(士師記19章、1サムエル10−15)、発掘調査の結果、サウロ王の砦の歴史は紀元前1100年代と確認されています。カナン人の都市マギドは、1985年、有名なシロアムの池とダビデの居城と城の塔が発掘されるまでは聖書の中だけの話として一般に知られていました(Uサムエル、T歴代誌)。エルサレムから約三マイル北方で発掘された崩壊した都市ギベアはベニアミン族とサウロ王の首都として知られ(士師記19章、Tサムエル10−15)、調査の結果サウロ王の砦の歴史は紀元前1100年代と確認されました。歴史上最も重要な戦闘を目撃した都市マギドは広大な平原地帯に築かれたカナン人の都市です。マギドは後に北イスラエルに征服され、紀元前900年にはソロモン王の武装都市に取って代わり(T列王記4:12)、紀元前600年代にはヨシュアがエジプトと戦い敗北しています。黙示録16章16節でマギドは(ハルマゲドン)世の終わりにイエス・キリストが敵(悪魔)を打ち破った後彼の栄光で満ちた王国を築くと預言しています。

もっと調べてみましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


聖書は真実なのか?

契約の箱
死海文書

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 聖書的考古学 to My Google!
Add 聖書的考古学 to My Yahoo!
XML Feed: 聖書的考古学
考古学 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutArchaeology.org, 著作権所有.