放射性炭素年代測定

放射性炭素年代測定

 - 前提
クスコ゚ーフテヨ: 考古学 >> 放射性炭素年代測定

放射性炭素年代測定法 ‐ どうしてどのように働くのか?
放射性炭素年代測定法: 炭素は地球上で、海洋で、また生息するすべての生き物や大気中の成分からか発見することができます。中でもC−12はアイソトープ(同位元素)として群を抜いて一般的です。その反面、C−14炭素原子は約1兆分の1の割合でしか発見されません。C−14はナトロジェン−14(N−14)が宇宙放謝の衝撃による影響で変化し、上層大氣園で生み出されたものです(陽子<プロトン>が中性子<ニュートロン>によって効果的に変位し、窒素原子<ナトロジェン アトム>となり同位炭素<カーボン アイソトープ>となる)。その新しいアイソトープは危険性のない“放射性カーボン”と呼ばれています。非常に不安定で一定の間隔で自然崩壊しN−14へと還元します。約5,730年で放射性カーボンの半分が崩壊しナトロジェンに戻ります。残り半分もまた5,730年かけて崩壊し、また他の半分が5,730年かけて崩壊を繰り返します。半分のサンプルが崩壊する期間は“half-life.半減期”(量がその初期値の半分に腐食することを要求される間隔)と呼ばれています。

放射性炭素が酸化(酸素と交じり合う)するのは生物が呼吸して食事をする自然の営みと変わりなく、植物も動物もその生存期間中、繰り返される大気園での量と同じ割合で十分なC−12アイソトープと微小の放射性炭素アイソトープを体内組織に組み入れます。生き物が死ぬと、既に体内に残っているC‐14は崩壊を続けてナイトロジェン(窒素)に還元し、放射性炭素の消費は停止します。そのように、死んだ生き物の残骸に残るC−12とC−14の比率は必然的に半分となるので(C−14アトムは2兆ごとに1つ、C−12アトム1兆に1つ)、その生き物は5,730年前に死んだと仮定されます(半分が崩壊してナイトロジェンに還元されるのに約5,730年かかる)。この方式で割り出すと、比率が25%の場合(4兆分の1)その生き物は11,460年前に死んだと仮定しなければなりません(半減期が2倍 half-lives)。半減期が10倍になると、消えた放射性炭素の測定方法が不可能となり、死んだサンプルの測定が6万年前以上またそれ以上経過していると仮定することは出来ません。また他にこの方法は、有機体である骨、肉、木材に適応しても地質の年代測定は出来ません。

放射性炭素年代測定法‐根拠
放射性炭素年代測定法は3つの前提からなる年代測定技術である:

  • 不安定な放射能C−14アイソトープが崩壊して放射能でないN−14アイソトープにかわる比率を割り出す。
  • 前提はC‐12からN−14に還元されたサンプルの割合。
  • 死んだ残骸のサンプルからその時の大気園のC−12からC−14に還元された割合。

放射性炭素年代測定法‐議論
放射性炭素年代測定は二つの点で議論が生じるのは避けられません。まず第一に、不確かな想定を土台としていること。例えば、腐食または崩壊の比率(5,730年を半減期とした)は今まで常に観測たのではない。また過去における観測結果から放射能の崩壊が加速している強力な証拠があります。1 考慮すべきことは、大気中のC−12からC−14に還元された比率が常に観測されていない(その時期の死後のサンプルの比率が認識できる)。けれども私たちは“放射性炭素の崩壊が28%−37%加速する”ことを考慮すると、 2 今日の比率は以前の比率より当然高くなるのは当然なので、正確な崩壊の比率と平均を割り出す事が出来ないので、過去の観測は全不可能。また産業革命の到来により工場から吐き出されるCO2の劇的増加と比率低下が挙げられます。産業のように人間が理由となる変動は自然的変動ではありません。しかし自然的な地球の起伏と明らかな変動の事実は比率に大きな影響を齎したはずです。火山爆発時に吐き出されるCO2は比率を低下させるので、強烈な火山活動時の生存物とまた火山の爆発で死んだサンプルを放射性炭素で年代測定すると実際より古い年代が表示されます。さらに大気中にあるC−14の生産と比率、地球の大気園を貫通する宇宙線も影響の原因になります。過去140年にわたる地球磁場の測定から、地球の磁場は定常減衰していると言う結果が出ています。地球の大気園に貫通する宇宙線は地球の磁場に影響されるので、宇宙線も偏向します。つまり放射性炭素生成は着実に増加していると言うことです。(比率の増加を意味する)。

この方法で測定される年代は広範囲に亘って一貫性がないため、とうとう議論をかもし出しました。例えば、“Dima【1977年に発見されたマンモスの赤ちゃん】は4万RCY【放射性炭素年代】、また他の部分は2万6千RCY,その直後、死骸の周りで発見された木材は9千―1万RCY.と大きく矛盾しています。”(2001年、Walt Brown著書 In the Beginning、p.176)

放射性炭素年代測定 ・レ。シ・ク 2

1 D. R. Humphreys、J. R. Baumgardner, S. A. Austin, A. A., Snelling. “ ヘリウム拡散の比率は原子崩壊が加速されることを支持する。″第五回創造論国際会議、R. Ivey, Ed.、創造科学集会、Pittsburgh, PA, 2003年。Walt Brownによる In the Beginning 2001年、p.75, “ 崩壊は継続されるのか?″を参照。

2 Brown, ibid, P. 246.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

ドラゴンについての歴史
地球の年代
放射性炭素年代測定
地球は何年経っているか
恐竜の化石
地球の年代
大洪水
絶滅した恐竜
放射性年代決定

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 放射性炭素年代測定 to My Google!
Add 放射性炭素年代測定 to My Yahoo!
XML Feed: 放射性炭素年代測定
考古学 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutArchaeology.org, 著作権所有.